MESSAGE FROM WORKERS

社員メッセージ

「お客様の先にいるエンドユーザーを見据えて、B to Bビジネスにおける「売れる商品」とは?」西尾 由香 Nshio Yuka:商品開発部門 商品開発3部 係長 2009年入社 生物資源科学部食品科学工学科卒

市場のリアルな動きを
自分の身体で感じ取る
企画の成熟段階で
費やされるエネルギー

商品開発部門の使命は、「売れる商品を作る」という一言に尽きます。つまり、「何が売れるのか?」を問うことが、開発という仕事のスタート地点です。
私の担当は、主にロングライフサラダや和惣菜、サンドイッチなどの具材になるフィリングといった商品の開発です。お客様である飲食店や総菜量販店、ベーカリーなどで、どのような商品、どのような味が求められているのか、まずは市場情報の分析が有効な手立てとなります。ただ、そういった過去の情報だけに捕らわれていては、トレンドの先読みはできません。新聞、雑誌、Webなど様々なメディアに目を通し、時にはデパ地下などの総菜売り場や飲食店にも足を運び、市場のリアルな動きを自分の身体で感じ取ることも大切です。

加えて、販売部門や購買本部など、他部署との多面的な情報交換も必須です。専門的で多様なルートからの情報を集約することによって、B to Bビジネスの観点から見た「売れる商品」のコンセプトを、商品企画へと練り込んでいくのです。
商品開発では、この企画の熟成段階が最も時間を要し、労力を使うプロセスだと思います。次の段階で待っているのが、本格的に自分の手で試作を繰り返し、商品を形にしていく仕事です。

新たなものを生み出す想像力と
ご要望に応える再現力
試行錯誤の末にたどり着く
商品化の喜び

一つの商品企画の決定までに、これほどの時間とエネルギーを費やすのは、NB品と呼ばれる自社ブランド商品を開発する場合です。自社ブランド商品をB to Bの市場に定期的に送り出し、お客様の信頼を勝ち得ていくことはメーカーとしての務めです。

それに対して、お客様向けの特注品であるPB品の開発は、販売部門がもたらすお客様からのご要望を形にするのが仕事です。この場合、お客様が求めているものをどれだけ忠実に再現できるかということに加え、お客様へのご提案のタイミングも重視されますから、多くの場合、一つの商品開発には短期決戦で臨みます。年間の開発件数で考えても、PB品開発の方が圧倒的に多いですね。
私個人としては、どちらの商品にしても、実際に何度も試作を繰り返し、商品としての形を与えていく工程が一番好きです。最終的に、自分が開発した商品を選んでいただければ、これ以上の喜びはないですね。

家庭料理とは違う、
開発のプロとして責任
ずっとこの開発の仕事を
続けていきたい

例えば、同じポテトサラダでも、商品によって内容や特長が違います。飲食店や総菜量販店向けの商品はそのままで美味しいポテトサラダですし、ベーカリーだったらパンに合わせた時にバランスの良い味や食感にしたものが何タイプもあります。その一つひとつの違いを作り出すこと自体が楽しいし、ワクワクします。思い通りにならないこともありますが、そういう壁は何度も越えてきました。

膨大な量の試作を経験したからこそ、開発のプロとして育てられた部分もありますね。この仕事の先に、お客様がいるわけですから、常に責任を持って商品を開発しています。もともと料理は好きですが、やはり、開発の仕事は家庭料理を作ることとは違うんです。B to Bのお客様と向き合いながら、さらにその先にいるエンドユーザーの方々の嗜好と味覚を先取りする、厳しいビジネスとしての開発姿勢が求められますから。
そんな仕事環境の中で、産前産後休暇・育児休業を経て職場復帰する先輩が増えています。私のまわりに活躍する女性社員が多いので、自然と負けていられないという気持ちになりますね。最近は、以前にも増して、ずっとこの開発の仕事を続けていきたいという強い思いが湧いています。
SCHEDULE 新人時代のある日の私
8:30

出社

試作室の清掃から1日が始まる。
8:50

全体朝礼・チーム朝礼

商品開発部門の全員で朝礼を行った後、同じチームのメンバーだけで朝礼。
9:30

試食会

前日に作った試作品をチームで試食し、意見交換。例えば、PB品であれば、お客様のご要望に沿っているかなどを確認する。新人のうちは、これが味覚を鍛える訓練の一つ。
10:30

試作

ポテトサラダ、ツナフィリングなどを試みる。新人時代は、1日に2〜3品目は試作していた。家庭料理を作ることとは違い、先輩や上司も見ているので、最初は少し緊張ぎみ。
12:00

昼休み

13:00

試作

午前中の反省を踏まえ同じ試作を継続することもあり、新たな試作に挑戦することもある。私は新しいことを大胆にやりたがるタイプ。
16:30

事務仕事

事務仕事という名称だが、実質は配合表、つまりレシピを作る仕事。慣れない新人には意外に難しく、時間がかかる。
17:50

終業・帰宅

帰宅途中でデパ地下に立ち寄り、夕飯のお総菜を買って帰ることも。それも大切な“市場調査”。
RELAX COLUMN 私のイチオシ商品

素材と味の調和と彩りを大切にした
和彩万菜®シリーズ

2014年10月に市場デビューした和惣菜のシリーズです。最初に開発した3品(きんぴらごぼう、ひじき煮、切り干し大根煮)は、家庭和惣菜の定番。そして追加で発売した商品は、木の実やふき、ずいきなど、他社の商品にはないような素材を使用し、上品で高品質の商品イメージを醸成しています。実は私がこの商品の設計段階から担当したので、思い入れの強い商品です。
この商品を使ったレシピなどはこちら
社員一覧
  • 購買部門 齊藤 大樹 購買本部 購買2部 2009年入社
  • 商品開発部門 西尾 由香 商品開発3部 開発1課 2009年入社
  • 販売部門 中野 早紀 CVS本部 第1ユーザー統括第1事業部 2014年入社
  • 生産部門 岩谷 悠 静岡富士山工場 生産部 生産2課 2013年入社