KEYWORDS AND NUMBERS OF
KENKO MAYONNAISE

キーワードと数字で見るケンコーマヨネーズ

サラダ料理
サラダ料理®とは、野菜をキーとし、食材・味付け・調理法の創意工夫で、サラダを進化発展させた料理のことです。サラダ料理®は、野菜+食材+調味料の組み合わせや、漬ける・焼く・炒める・煮る・揚げるといった調理方法の工夫で、食事の前菜からメインディッシュ、デザートまで、色々なメニューになる無限の可能性を秘めています。私たちは、お客様の豊かなサラダライフのために、美味しく魅力的なサラダ料理®の世界をお届けしてまいります。
ゼロエミッション
ケンコーマヨネーズでは、「心身(こころ・からだ・いのち)と環境」というグループ経営理念の下、廃棄物削減に尽力しています。例えば、西日本工場では、ポテトサラダを生産する過程で発生するじゃがいものむき皮や成形残さなどを工場内で液状飼料化し、養豚場に出荷して飼料原料として再利用しています。“食べ物を無駄にしない”これは食品メーカーとしての使命の一つだと考えます。
業界1位
当社は、主に外食・中食市場にて採用いただいているロングライフサラダ(長期保存可能なサラダ)で業界1位のシェアを誇っています。競合他社がせめぎ合う中、業界2位の企業に2倍以上の差をつけ、国内に流通している商品の4割以上を手がけています。日本で初めてロングライフサラダを開発したパイオニアとして、これからも業界を牽引し続けます。
3,100・1,800
当社グループには、3,100以上の商品があり、年間開発数は1,800以上にも及びます。これだけ多くの商品を手掛けることができるのは、社員一人ひとりが常に柔軟な発想を持ち、お客様や環境の変化と真剣に向き合っているからです。
メニュー提案型営業
私たちは、商談に伺う際に必ず「メニュー」をお持ちします。商品だけをお持ちするのでは、使用イメージが湧きにくいからです。当社の営業マンは常に調理器具セットを持ち歩き、いつでもお客様にご試食いただく準備をしています。また、社内には、年間約4,000メニューを手がけるメニュー開発専門の部署を設け、営業マンを支えています。「困ったらまずはケンコーマヨネーズに相談しよう」と思っていただくため、各部署が協力し合い、お客様の満足を追求しています。
分野別・業態別チーム
当社では、「コンビニ」「居酒屋」「ベーカリー」など、お客様の分野や業態ごとに専門チームを編成しています。販売部門だけでなく、商品開発部門や生産部門など、部署を跨いで構成することで、様々な視点からの情報を共有し、ご提案の質を高めています。お客様のニーズを的確に把握し、きめ細やかでスピーディに対応できることがケンコーマヨネーズの強みの一つです。
38
現在、38の国と地域に自社商品を輸出しています(2018年2月現在)。食のトレンドやニーズの変化など、世界各国の様々な情報を収集し、新商品開発や販促活動に活かしています。今後は、日本だけでなく世界へと舞台を拡げ、グローバル企業へと発展していきます。
さやか
主力商品の一つ、ポテトサラダの原料であるじゃがいも。当社で使うじゃがいもの多くは、”サラダの加工に適した”「さやか」と呼ばれる品種です。サラダNo.1企業を目指し、原料そのものにも強いこだわりを持っています。