印刷用ページ

クセがないので、どんな
メニューとも相性抜群!

キヌア

アンデス山脈一帯で約5000年前から食べられているヒユ科の雑穀。赤・白・黒などたくさんの種類があり、インカ帝国では人々の間で主食とされてきました。低糖質かつ高タンパク質で、必須アミノ酸9種類を全て含むなど、その栄養価の高さに、アメリカのNASA(航空宇宙局)が「21世紀の主要食」と注目したことから、世界中で関心が集まっています。

食べ方紹介 茹でるとプチプチとした食感に。クセがない味で、サラダやベーカリーなど幅広いメニューで召し上がりいただけます。

茹でるとプチプチ食感に

おすすめRecipe

キヌアのプチプチとした食感を楽しむ
キヌアとナッツのサラダ
レシピはこちら
赤・白・黒の3種のキヌアを使って
3種のキヌアとチーズのお総菜マフィン
レシピはこちら

プルプル&プチプチとした食感!
ユニークな見た目が楽しい

チアシード

メキシコ中西部からグアテマラ北部にかけての山岳地帯が原産地。一年草『チア』の種子です。食物繊維や必須脂肪酸オメガ3などの成分を含有しています。

食べ方紹介 水につけるとジェル状になり、プルプルでプチプチとした食感に。ドレッシングに加えるとチアシードが水分を吸収してジュレに変身! サラダにかけてお楽しみください。甘味との相性も抜群なので、ヘルシーなスイーツメニューにも◎

水につけるとジェル状に

おすすめRecipe

つぶつぶなジュレが印象的
春菊とりんごのサラダ 〜チアシードジュレ〜
レシピはこちら
プチプチとした食感のチョコソース
チアシードチョコソースのバナナプリン
レシピはこちら

シード、オイル...
使い分けて、メニューの
バリエーション広がる!

ヘンプ

ヒマラヤ山脈の北西部山岳地帯近辺に位置する中央アジア原産。アサ科アサ属の一年草の種子です。高タンパク質で必須脂肪酸6種類を全て含み、オメガ3と6を理想的な割合で含有。世界一の長寿地域である中国は巴馬 (バーマ)の主食であったと伝えられています。

食べ方紹介 砕いたシードはごまのような香ばしい風味で、ザクッとした食感を楽しめます。オイルはドレッシングにおすすめ!必須脂肪酸オメガ3は熱に弱いので、火を通さないで使うのがポイントです。

水につけるとジェル状に

おすすめRecipe

香ばしい風味が口いっぱいに広がる
根菜とさつまいものヘンプ和え
レシピはこちら
オイルとシードのダブル使い
牛肉とソテー野菜のどんぶり
レシピはこちら

トレンドを先取り!
2016年最注目のスーパーフード※

アマランサス

南米原産のヒユ科の雑穀。紀元前5000年〜3000年にアンデス南部の山岳地帯でアステカ族が栽培していたといわれています。食物繊維やカルシウム、鉄分を豊富に含み、雑穀の中で最も栄養価が高いと称されています。調理がしやすく、グルテンフリー食材であることも相まって2016年の最注目スーパーフード※として関心が高まっています。

※(社) 日本スーパーフード協会の2016S/S(春夏)トレンド予測より引用

食べ方紹介 茹でるとたらこのような見た目と食感に。炒るとはじけて、ポップコーンならぬ"ポップアマランサス"に変身!香ばしい風味とサクサクとした食感で、サラダのトッピングに適しています。

茹でてプチプチ、炒ってサクサク食感!

おすすめRecipe

プチプチとした食感が楽しい
アマランサスと明太子のクリームパスタ
レシピはこちら
香ばしい風味とサクサク食感が◎
アボカド入りポテトサラダ
〜"ポップアマランサス"のせ〜
レシピはこちら
ご提案のメニューはグルテンフリーではありません。

サラダ料理一覧

サラダ料理一覧

  • ARTWICH アートウィッチ

  • キッシュ

  • パーフェクトサラダ

  • しょっパフェ

  • クレイジーサラダ

  • ベジヌードル

  • 世界を旅するチョップドサラダ

  • NeoポテトWorld

  • スーパーフード

  • ベジタブルスムージー

  • サラダ料理で味わうフルコース

  • おにぎりサンド

  • ジャーサラダ