印刷用ページ

ロングライフサラダ【FDF】ファッションデリカフーズの軌跡


ファッションデリカフーズとは
ファッションデリカフーズの歴史
導入事例
商品一覧

はじまりは1970年代後半、多くの街のパン屋さんでは夏場になると野菜などを使った「総菜パン」は影をひそめ、ジャムサンドなど、暑さに強く、いたみにくいものしか販売できませんでした。
でも、暑い夏こそ、サンドイッチを販売したい。そんな要望を受けて、サラダを加熱殺菌する技術や、加熱に耐えられるマヨネーズづくりなどを試行錯誤した結果、冷蔵庫で30日保存可能な、当時としては画期的な「ロングライフサラダ」が誕生しました。
全く新しいジャンルを切り拓いたロングライフサラダは、業界のスタンダードとなり、食のプロたちのメニューの幅を広げることに貢献しました。当社のロングライフサラダは、ポテトサラダ、ごぼうサラダをはじめとする豊富なアイテムを取り揃え、「ファッションデリカフーズ®」ブランドとして業界トップシェアを誇る主力商品となっています。

ロングライフサラダ|ファッションデリカフーズの軌跡トップへ戻る





マヨネーズが調味料として定着



1977年

チェーンレストラン、コンビニエンスストア、ファストフードの成長


日本初のロングライフサラダを発売

1979年

ファッションデリカフーズ®ブランド誕生
ポテトサラダマカロニサラダ発売

ファッションデリカフーズ®初代のパッケージをご紹介。現在とは異なるキャラクターやロゴデザインです。


1981年


スパゲティサラダツナサラダを発売し、人気を誇るサラダが出そろう



1982年

スーパー(中食需要)の拡大


ファッションデリカフーズ®が日本食糧新聞社第1回食品ヒット大賞の優秀ヒット賞を受賞

ファッションデリカフーズ®
2代目のパッケージです。
現在のロゴが大きく使われています。
商品の分類によって、色が異なります。

1985年

やきそばなどパン用フィリングの発売を開始し分野を広げる




1986年

外食の発展と多様化


今の代表アイテムであるごぼうサラダに続き春雨サラダ、コーンサラダ発売

当時、和惣菜にしか使用
されていなかったごぼう
の新しい食べ方として、
ごぼうサラダを提案。
サラダの新定番を構築
しました。

1989年

外食産業向けにレストランシリーズ発売

ファッションデリカフーズ®
3代目のパッケージです。
商品の分類によってイラストが異なります。



1999年

中食の急成長


中食市場の伸びに合わせ、手作り感のあるかくぎりポテトサラダ発売


2000年

生のじゃがいもから一貫生産ができるポテトサラダ専用工場が完成




2001年

食の高級化・多様化


更なる美味しさを求めてフレッシュ&フレッシュシリーズ発売

健康志向の高まりから豆サラダ発売

一粒ずつ豆を拾う食べ
にくさが課題であった
豆サラダ。
おからをつなぎにする
ことで解決し、食べや
すくなりました。

2007年

グループ最大のサラダ類の生産量を誇る西日本工場稼働
工場潜入レポート

ファッションデリカフーズ®を筆頭に、サラダの製造に注力した工場です。
ポテトピールを液状飼料に加工するという国内初の事業にも取り組んでいます。



2008年

食の安全への注目


カロリーを低減し、加工適性に優れたケンコーディライト®シリーズ発売


2013年

サラダのプロがつくったサラダシリーズ発売


2017年

ファッションデリカフーズ®発売40周年
原料・配合・製法を洗練(リファイン)させたケンコーリファインTMシリーズ発売

ファッションデリカフーズ®4代目のパッケージです。
わかりやすさと使いやすさが向上しました。

→ ファッションデリカフーズ®
    新たなデザインに

マヨネーズが調味料として定着

チェーンレストラン、コンビニエンスストア、ファストフードの成長

  1977年

日本初のロングライフサラダを発売

  1979年

ファッションデリカフーズ®ブランド誕生
ポテトサラダマカロニサラダ発売

初代パッケージ

ファッションデリカフーズ®初代のパッケージをご紹介。現在とは異なるキャラクターやロゴデザインです。

  1981年

スパゲティサラダツナサラダを発売し、人気を誇るサラダが出そろう

スーパー(中食需要)の拡大

  1982年

ファッションデリカフーズ®が日本食糧新聞社第1回食品ヒット大賞の優秀ヒット賞を受賞

2代目パッケージ

ファッションデリカフーズ®2代目のパッケージです。現在のロゴが大きく使われています。商品の分類によって、色が異なります。

  1985年

やきそばなどパン用フィリングの発売を開始し分野を広げる

外食の発展と多様化

  1986年

今の代表アイテムであるごぼうサラダに続き春雨サラダ、コーンサラダ発売

2代目パッケージ

当時、和惣菜にしか使用されていなかったごぼうの新しい使い方として、ごぼうサラダを提案。サラダの新定番を構築しました。

  1989年

外食産業向けにレストランシリーズ発売

3代目パッケージ

ファッションデリカフーズ®3代目のパッケージです。商品の分類によってイラストが異なります。

中食の急成長

  1999年

中食市場の伸びに合わせ、手作り感のあるかくぎりポテトサラダ発売

  2000年

生のじゃがいもから一貫生産ができるポテトサラダ専用工場が完成

食の高級化・多様化

  2001年

更なる美味しさを求めてフレッシュ&フレッシュシリーズ発売
健康志向の高まりから豆サラダ発売

豆たっぷりヘルシーサラダ

一粒ずつ豆を拾う食べにくさが課題であった豆サラダ。おからをつなぎにすることで解決し、食べやすくなりました。
←豆たっぷりヘルシーサラダ

  2007年

グループ最大のサラダ類の生産量を誇る西日本工場稼働
工場潜入レポート

西日本工場

ファッションデリカフーズ®を筆頭に、サラダの製造に注力した工場です。
ポテトピールを液状飼料に加工するという国内初の事業にも取り組んでいます。

食の安全への注目

  2008年

カロリーを低減し、加工適性に優れたケンコーディライト®シリーズ発売

  2013年

サラダのプロがつくったサラダシリーズ発売

  2017年

ファッションデリカフーズ®発売40周年
原料・配合・製法を洗練(リファイン)させたケンコーリファインTMシリーズ発売

ケンコーリファインシリーズ

ファッションデリカフーズ®4代目のパッケージです。わかりやすさと使いやすさが向上しました。
→ ファッションデリカフーズ®は新たなデザインに



ファッションデリカフーズとは
ファッションデリカフーズの軌跡
導入事例
商品一覧

注目商品

注目商品

ケンコーマヨネーズがおすすめする商品のご紹介